山梨の広告代理店も捨てたもんじゃない 評判どおりここのネット広告は素晴らしい

山梨広告代理店も捨てたもんじゃない 評判どおりここのネット広告は素晴らしい

農家も農協などに出しているようでは利益が上がらない。
農業(主に桃やぶどう、とうもころし)をしている友人らは、すでに完全に直売をしています。
農業での宣伝広告は果てしてあるのだろうか?もしあるのであればどのような形でやっているのだろうか?
そんな疑問を持ち彼らに聞いてみました。


山梨県内の広告代理店にお願いしたということです。
しかし、チラシではなくインターネット広告を出したそうなんです。


昨年からインターネット広告を出した友人らは、少なくともシーズン中に数百万以上の売上げが上がったと言っていました。
広告費が月々2万円で1年契約だそうなので、年間24万円。
それだけでもその効果はすごいものです。


私も大量に出荷できるだけの作物を作っていればお願いしたいところですが、家族+親戚におすそ分け程度なので・・・
宣伝広告はどれも同じだと思っていましたが、インターネットの力とはすごいものなんですね。


ただ、その広告代理店のインターネットの技術が日本一らしく他社にはマネできない手法だそうで、もしインターネットからの宣伝広告をお願いするとなると、その山梨県の会社にお願いするしかないようです。
ちなみに社名は取引相手にしか公開しないということ。
インターネット上での宣伝広告をその会社がやっているということが公になると宣伝としての効果が無くなるというので、そのあたりは徹底しているそうです。
ですので、私のブログでも書くことができません。


しかし、個人名は大丈夫だということですので宣伝広告について興味のある方はこの社長さんへ連絡してみると力になってくれると思います。
東日本大震災でのインターネットからの支援物資の呼びかけやネット選挙で何人か当選させたという方です。


お問い合わせ
平島賢一さん
電話番号:090-4544-2578
メールアドレス:casypro@gmail.com





[PR]

by okomecome | 2014-04-22 23:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://okomecome.exblog.jp/tb/21867824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]