関東/山梨で豊年エビ(ホウネンエビ)・カブトエビのいる田んぼ 

関東/山梨豊年エビ(ホウネンエビ)カブトエビのいる田んぼ


まるで他人の田んぼを紹介するようなタイトルですが、私の家の田んぼです^^
毎年田植えが終わって一週間もしないうちに豊年エビ(ホウネンエビ)、カブトエビが出てきます。


これが豊年エビ(ホウネンエビ)です。
まるで子供のオモチャ?(シーモンキーのような生き物です)
f0333955_11505564.jpg

そしてこれがカブトエビです。
海にいるカブトガニと同じ形で淡水に住んでいます。
カブトガニよりかなり小さく10円玉くらいの大きさです。
※画像中央
f0333955_11510491.jpg

田んぼも減り、田んぼに住む生物も減る中でこういう生物が見られるのはとても嬉しいです。
雨上がりに水路からコイ、フナ、ドジョウ、カメもやってくることがあります。


子供の頃はよく近所の川で魚を捕って遊んでいましたが、今はコンクリートの蓋が閉められています。
安全面としていいのかもしれませんが、自然が失われていく様子を成長とともに見てきました。


お米を作っても利益にはなりませんし、土地の維持も大変です。
労働力や税金もばかになりませんから。


いつまでこういった光景が見られるか・・・
子供達には是非見ていただきたい光景だと思います。




[PR]

by okomecome | 2014-06-13 11:57 | お米 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://okomecome.exblog.jp/tb/22289252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]